木こり鉄道・メルクリンHO

庭は、なかなか走らせる機会に恵まれない
歳と共にNは目に厳しくなってきた…
そこへ偶然現れた新たなスペース
ここを使わないのはもったいない!
アメーバテーブルの上
Nレイアウトの下を活用した
2段式レイアウトを展開していきます。
− メルクリンHO・テーブルライン −
[ただいま製作中]
NとHO数字上でいうスペースだと4倍も必要かと言ったら、全くそうではありません。カーブ半径も360Rからあって、しかもスロー走行が普通に利き、ゆったりと走らせられるため、エンドレスを周回する時間はNよりHOの方が掛かるという時間的にはHOの方が小さいという不思議な世界です。
サウンドと自分で設定できる自動走行など、Nとは違った楽しさがあるレイアウトとなります。
---------------------------------------- 
このテーブルの上に展開していきます
ここも先でNレイアウトが乗る建設予定地となっています。
単線エンドレス2本の構成です。
自動運転で、途中駅での上下交互走行をさせています。
 
デジタル制御なのでポイント配線が不要なのはとても楽。
リバースもレールのギャツプも不要でさらに快適。
コントローラーはタッチやマウス、ブラウザでも動かせます。
ポイントの制御はディスプレイで、列車の運転は
やっぱりダイヤル式が馴染みます。
ダイヤルの数より車両の方が多いので
走っているとトラブル時の対応がとっさにできません。
とにかく「STOP」ボタンを押してからとなります。
 
 
運転席から遠くの方は見づらいです。
でも、のぞき込めば全線確認可能な構造としています。
一日中のぞき込んでると、首が痛くなります。
柱にモニターを設置して奥の駅での発着を確認できるようにしました。 
 
 
Nレイアウトの周囲や下を走り抜けます。
脱線して転落したりすると最悪の事態となる
デンジャラスなレイアウトです。
 
 
Nは脚台座の上に乗せ、天板裏には照明を付けて
下段の明るさを確保しています。
2段式なので、どうしても視界が遮られるのが泣き所です。
 
 カーブポイントやダブルスリップなど
ポイントが小型化されているので
かなりのスペース節約が実現でき助かります。
 
 
 Nの足元を削って駅のスペースをひねり出しました。
ホーム到着するとキ〜というブレーキ音とともに停車します。
信号が変わるとゆっくりと発車していきます。
車両の状態により発せられるサウンドが変化するのも楽しいです。
何台も居ると、夏場の蝉時雨のようにとても賑やかです。
サウンド無しとは別世界です。
 
 
 
 
 2019.4.15