HOMENレイアウトしまなみライン

しまなみライン/路線図
路線が確定したのでご紹介します。
これが基本となる組み合わせで、持ち出し可能のセッティングです。
基本とか、小さく作るとか言ってるのに、大きいじゃないですか。
10畳間スペースが必要なサイズです。小さく作って→伸び伸び広げるですから。
拡張テーブルやオプションテーブルも作りる計画であります。
広げすぎ。それより、お風呂を広くして欲しいです。
■路線図[基本セット]
[クリックで拡大]
 

5テーブル(島)連結が基本セットとなります。
メインとなる本線・パーク線・ホテル専用軌道・カントリー線の5ライン運転です。
両サイドのテーブル内でターンさせています。
レール及び制御システムはTOMIXです。コントローラー類は3番テーブルにまとめて収納してあります。
最小構成は5番テーブルを外した4テーブルとなります。それ以下や組み替え接続は出来ませんが、サブトラックを設けてあるテーブルは単独でも持ち出し可能です。他のテーブルに邪魔されない分、いつもと違うシーンが見られます。
●しまなみ本線
全テーブルを通る複線エンドレスです。テーブル最大幅750ミリに収めるため、内回りは243Rが主体となります。急曲線部はトンネル内になるべく隠すようにしています。勾配無しで、テーブル上70ミリに敷設しています。大きな曲線部で路盤ごと傾斜させてカントを付けています。
Wクロスと信号5灯から2灯までを3番テーブルへ直線的集中配置をして、列車通過時の灯色切り替わりを眺められるようにしました。
1番・3番テーブルからは将来拡張接続ができるように、引き出し線が設けてあります。
●パーク線
単線折り返しのLRT専用線です。運転は自動運転ユニットで走らせます。各パークを結びます。
ミニカーブ177Rが主体でポイントも小形を使用しています。テーブル天板面を走り、勾配設定はありません。
信号に腕木信号を取り入れています。設定はパーク内のアトラクション的存在なので、この組み合わせで設置していますが、本当の狙いは自動折り返し時の腕木信号アクションを楽しむ為です。出発と場内が切り替わります。自動運転「モード2」の途中駅ポイントを腕木信号につなぎ替えています。途中駅にも停車します。
●ホテル専用軌道
1番テーブル内に収めた2段スイッチバックのミニラインです。立体感を出すため、テーブル上170ミリからスタートします。
自動運転で走らせます。177RとYポイント使用。勾配は4%、交差部のクリアランスを最小に抑えています。条件が厳しいので、入線車両はキハ120クラス以下でミニカーブ通過可能車両に限られます。パンタ付きは下ろせば可能です。
設定はホテル内移動のための専用軌道です。
ここは2灯式信号を4ヶ所に設置し、スイッチバック転換時の折り返しと併せて楽しむのが狙いです。
このテーブルは単独(ホテル専用軌道のみ)でも持ち出し可能です。
 
●カントリー線
5番テーブル、ゴルフリンクス内をカート代わりに移動する専用線です。スーパーミニカーブ103Rを使ったエンドレスです。ここも自動運転ユニットで走行させます。
グリーンとティーグラウンドの両方に停車します。腕木信号が切り替わると出発するところが魅力です。
小さくて単純ですが、走ったり止まったりと変化があり意外と飽きません。
このテーブルも単独(カントリー線のみ)で持ち出し可能です。
 
 
■総合路線図[計画]
 
しまなみラインからの拡張計画は、高原シーンの「やまなみライン」そしてそれをつなぐルートとして「まちなみライン」を順次作っていく予定です。
全体の総合路線図は下記となります。 
総合路線図はこちら> 
 
kikori/2016.5.12