HOMENレイアウト2しまなみライン

しまなみライン/レイアウト構想・2
レイアウトもほぼ出来上がり、落ち着いてみると、でかすぎて何処へも出せないのが、もったいなさを感じるようになってきました。
大きいのは結局、世界としては小さいということですよね。
では、次は外にも出でいけるレイアウトにしてみます。
と言って作ったのはいいが、でかすぎて部屋の中を動くことすらできず、不便極まりなき状況に陥りました。
もう、言葉がありません・・・
解体して、作り直しです。
■しまなみラインの構想・2
[基本構想]
・レイアウトを持ち出せるようにする。車のラゲッジスペースに収容して運搬出来る専用設計とすることで、模型を通じた交流も広まるというのが狙いです。
・持ち出し可能というと「モジュール」方式がありますが、今回は、それと違い一つの独立したレイアウトを持ち出そうという発想です。
・レイアウトを持ち出すのは、小形タイプは可能ですが、規模が畳1枚もあると、そう簡単には動かせません。ドアを通過できない。斜めにするとストラクチャーが落ちるとか、角を曲がることはもっと困難です。現実、今のメインレイアウトは建物から外へ出すことは不可能です。
で、分割するという案になりますが、ここで問題が発生します。線路がつなげない、シーナリィーがバラせない、電気的接続が・・・など。
・そこで小形のレイアウトを連結するという方法をとります。べったりとくっつけるのではなく独立させシーナリィー接続部などの課題をクリアします。
・小形独立させるため、それぞれを「島」に見立てて、橋と橋で島を繋いでいきます。島は四角ではないので、曲線の入ったテーブルスタイルとします。
・それぞれのテーブルには「リターン用」「通過用」「操作用」の役割を持ち、それを連結し一つのレイアウトを構成します。
・「コンポーネント式レイアウト」テーブルスタイルという感じになります。モジュールのように組みあわせの自由度はありませんが、テーブルを増やしたり、減らしたり、入れ替えることが可能で、飽きずに長い間楽しめるのが特徴となります。
これで解体も少なくなるのでは・・・と思います。
・が、しかしそう言ってる間に、早くも解体となりました。持ち出しレイアウト簡単そうで、意外とハードルが高いのです。結局は作り直しとなりました。
[前作での問題点]
・人の居るスペースや動線を考慮しなかったため、身動きがとれない。
・分離しても、それを収容するスペースが無く、広く使いたい時に片づかない。
・テーブル式のヤードの欠点が露呈。少しの衝撃で車両が脱線、復帰に手間取る。
・各テーブルが固定できないので、ぶつかると直ぐにずれる。
・メインレイアウトとの一体感が少なく、ただでかいだけの存在となった。
[新構想]
・コンセプトは同じ「持ち出せるレイアウト〜増やせる・減らせる・変えられる〜小さく作って伸び伸び広げる」です。持ち出せることにより世界も広がる。
・テーブル(島)をいくつか作り、それぞれを鉄橋で結ぶ。島と島を橋でつなぐ「しまなみライン」。鉄橋の長さを変えたり、島を追加することにより、様々な展開が可能という基本的な考えは継続です。
・テーブルは「リターン用」「操作用」「通過用」の3種類を基本構成とするコンポーネント式レイアウトです。特徴は「増やせる・減らせる・変えられる」です。ただ独自システムなのでモジュールのように自由なドッキングは出来ません。
・先ずはメインレイアウトの設置位置を現状(北向)から90度回転(東向)させ、人のスムーズな動線と全方向からの眺めを確保し、そこへ接続する方法へと大転換。
・島(テーブル)の数も減らし配置を変更、一番スペースを取っていたヤードはバッサリ撤去解体。
・各島に特色を持たせ、小さな独立路線を敷設するなどし同時4列車の走行による、にぎやかな雰囲気に。
・メインレイアウトとの接続により全島通しの超ロングランエンドレスが出現する。
・テーブルサイズをできる限り小さくする。1200×750以下に。
・分離しても、他の部屋に片付けられるボリュームとする。
・移設しての製作もできるので、自宅へ持ち込んでの作り込みができます。
・持ち出しに対応できるよう、台座とテーブルは分離構造で様々な高さレベルに対応。
・テーブルの固定は柱を利用できる位置に置き安定させる。
・基本セット(島×3+操作卓)は車の荷室に積載できるサイズと構造で作る。
・標準展開サイズは3400×1400で6畳のスペースがあれば設営できます。
・小さくても大きく広げれます。
・景観テーマは「海岸リゾート地」です。日本の中のヨーロッパを引き継ぎ、本島との統一感を持たせます。
[製作方針]
・製作期間は1年、2015年の夏完成を目標とします。それ以上はモチベーションが続かないので。
・市販製品を最大限利用する。
・アクションを取り入れる(信号、風車、観覧車など)。
・人を大勢置くこと。
・季節設定を夏に(本体は秋なので、後に夏へ改装予定)
・水辺へのLED組込。(本体はグリーン、しまなみはブルー)
・線路の下と上を作り立体感をだすことで、小さくてもボリューム感を出す。
2014.6.17/kikori